移動支援事業

移動支援事業

ガイドヘルプサービスってなに?

知的障がい者(児)の方が安心して外出できるように、付き添う人を派遣して自立と社会参加のお手伝いをさせていただくことを目的としたサービスです。

どんなときに使えるの?

社会生活上必要な外出や余暇活動について利用できます。
※ただし、通所・通勤・通学などには利用できません。

どんなときに使えるの?

どうやって申し込むの?

このサービスを利用できるのは、「利用者証」を持っておられるかたです。

どうやって申し込むの?

ガイドヘルパーはどんな人?

ホームヘルパーの資格(1級~3級)を持っているかた、又は、「知的障がい者(児)」の「ガイドヘルパー養成研修」を受講し、ヘルパーの経験があるかたがお手伝いします。 すべて当協会と契約してガイドヘルパーとして登録した方々です。

ガイドヘルパーに支払うお金は?

契約している時間内の利用なら、当協会が市へ介護給付費として請求してヘルパーさんに支払います。 利用されるかたは、一定の所得基準以下なら支払う必要はありません。(自己負担の有・無は「利用者証」に明記されています。)
※ただし、下記料金は利用者のかたに負担していただきます。

交通費や入場料など

外出の際にかかる交通費や映画、カラオケなどの入場料は、利用者のかたがガイドヘルパーの分もお支払い下さい。

食事代に関して

レストランなどで食事をする時の食事代は、600円まではヘルパーが自分で支払います。それ以上にお金がかかるときは、その差額を利用者がお支払い下さい。

ページの先頭へ戻る