理解推進事業

理解推進事業

事業内容

多摩市では障がいのある方々の社会参加と、理解広げる催しを毎年開催しています。

多摩市障がい者美術作品展

多摩市障がい者美術作品展

多摩市障がい者美術作品展は、多摩市に在住、在勤、または市内の学校や福祉施設に通う障がいのある方の作品を展示してご紹介しています。
この催しは12月9日の障害者の日にちなむ催しとして平成3年にスタートして以来、今年で28回目を迎えます。

第28回ぱらあーと!多摩市障がい者美術作品展のポスターデザイン募集は締め切りました。

●第28回多摩市障がい者美術作品展
平成30年12月9日(日)~12月16日(日)パルテノン多摩 市民ギャラリー

「多摩市障がい者美術作品展」をイメージし、その魅力をアピールしてください。
※募集は締め切りました。

第28回多摩市障がい者美術作品展 出展作品募集のご案内

●申込み要項
出展をご希望の方は申込用紙(1-4)に必要事項を記入のうえ、郵送もしくはメールで事務局へお送りください。

1.用紙-1【第28回 多摩市障がい者美術作品展 出展申込用紙】
いずれの展示様式にもスペースの大きさに制限がありますので、ご注意ください。

2.用紙-2【出展者名簿】
制作に係わった方全てのお名前をご記入ください。会場でお名前を公表することはございません。

3.用紙-3【作品の概要】

4.用紙-4【展示のイメージ図】
展示スペースのイメージを描いてください。レイアウトを決める参考にいたします。

5.【団体・施設、作品の紹介ボード】
※展示スペース内に掲示する紹介掲示、形式自由

団体・施設説明および展示作品への想いなどをA3のボードに表現して紹介してください。
※ボードの材質や素材は出展者様にお任せします。インパクトを感じるオリジナルな紹介をお願いします。(紹介ボードは作品搬入時に各自でスペース内に掲示してください)

6.その他 作品の持ち込みについて
展示作品は12/8(土)の搬入日にパルテノン多摩市民ギャラリーへ直接お持ちください。
飾りつけは各自で行っていただきます。(個人出展の方は受付で作品をお預かりします。)展示に必要な用具一式はご持参ください。

7.募集締め切り
平成30年10月12日(金)

申込用紙はこちらからダウンロード
1.出展申込用紙

2.出展者名簿

3.作品の概要

4.イメージ図

平成30年度『第28回多摩市障がい者美術作品展』

対象者 多摩市に在住・在学・在勤、または市内の作業所等に通う障がいのある方
日程 平成30年12月9日(日)~平成30年12月16(日)
開館時間10時~18時 ※最終日は15時まで
会場 パルテノン多摩 市民ギャラリー
作品募集 絵画(水彩・油手紙押しはり等)や陶芸、木工作品、手芸、書などの創作品
問い合せ 多摩市障がい者美術作品展 実行委員会事務局
〒206-0032 多摩市南野3-15-1 多摩市総合福祉センター5階
TEL042-356-0308/FAX042-311-2327 
E-mail:tashokyo@siren.ocn.ne.jp

第22回 『多摩市障がい者ふれあいスポーツ大会』終了のご報告

平成30年3月3日(土)多摩市総合体育館・第1スポーツホール

障がいのある方の社会参加と地域交流を後押しするイベントの「ふれあいスポーツ大会」が3月3日に開催されました。
競技プログラムは毎年恒例の玉入れから始まり、仮装を完成させる競技、紅白リレーなど…全部で6種目を競い合いました。
アトラクションタイムでは紅白の手旗を使った応援合戦や、市内で活動されている 「いそぶいえ」さんに『新・多摩音頭』を手ほどきいただくなど、会場が一つになる盛り上がりを見せました。

参加団体 13団体※個人参加者含む
アートひまわり、多摩市身体障害者福祉協会、コラボたまワークセンターつくし、多摩市手をつなぐ親の会、啓光学園、啓光えがお、暉望・色えんぴつの家、 多摩市視覚障害者福祉協会、くぬぎ、どんぐりパン、ぐりーんぴーす工房、 滝乃川学園 児童部、個人参加のみなさま
協賛企業 株式会社 八洋
サントリービバレッジサービス 株式会社
東京キリンビバレッジサービス 株式会社
FVジャパン 株式会社
協力 一般財団法人多摩市体育協会
多摩市民生委員協議会
多摩市スポーツ推進委員協議会
多摩青年会議所
日本ボーイスカウト 東京連盟多摩第3団
日本ボーイスカウト東京連盟多摩第1団
公益財団法人ガールスカウト東京130団
多摩市社会福祉協議会 多摩ボランティアセンター・市民活動センター
多摩市手をつなぐ親の会
男性ボランティア会議
個人ボランティアのみなさま
いそぶえのみなさま
小林 緑史さん
嶋村 峰生さん

ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る