理解推進事業

理解推進事業

事業内容

多摩市では障がいのある方々の社会参加と、理解を広げる催しを毎年開催しています。

多摩市障がい者美術作品展

多摩市障がい者美術作品展

多摩市障がい者美術作品展は、多摩市に在住、在勤、または市内の学校や福祉施設に通う障がいのある方の作品を展示してご紹介しています。
この催しは12月9日の障害者の日にちなむ催しとして開催されてから今回で28回目になりました。
今年も多くの皆さまのご協力により、たくさんの来場者を迎えることができました。スタッフ一同、感謝を申し上げます。ありがとうございました。

平成30年度『第28回ぱらあーと!多摩市障がい者美術作品展』※催しは終了しました
期間 平成30年12月9日(日)~12月16日(日)8日間
出展者数 527名
作品数 318点
来場者数 1289人
協賛 赤枝医院
学校法人大妻学院 大妻女子大学
株式会社サービスエース
株式会社タイコー
株式会社ベネッセビジネスメイト
唐木田駅前郵便局
京王電鉄株式会社
JUKIゼネラルサービス株式会社
東京ヴェルディ株式会社
東京海上日動システムズ株式会社
東京キリンビバレッジサービス株式会社
東京多摩グリーンロータリークラブ
東京多摩ロータリークラブ
二幸産業株式会社『みなみの食堂』
日産プリンス西東京販売株式会社
武州交通興業株式会社

ご協力ありがとうございました。

平成30年度【第23回多摩市障がい者ふれあいスポーツ大会】
開催日:2019年3月2日(土)多摩市総合体育館 第1スポーツホール※催しは終了しました

スポーツを通して障がいのある方とボランティアの交流を図る「多摩市障がい者ふれあいスポーツ大会」が3月2日に開催されました。
今年は競技のほかに多摩市教育委員会による「ボッチャの魅力体験コーナー」や、ボランティアプロダクション「いそぶえ」さんの手ほどきによる「新多摩音頭タイム」、応援合戦ではゆるキャラが登場!
ゆりーと、タマボラくんが駆けつけて、最後の競技の紅白リレーでは熱い応援と戦いが繰り広げられました。

参加団体 12団体 + 個人参加の皆さん
(アートひまわり、多摩市身体障害者福祉協会、多摩市視覚障害者福祉協会、どんぐりパン多摩市手をつなぐ親の会、啓光学園、啓光えがお、くぬぎ、滝乃川学園児童部、コラボたまワークセンターつくし、暉望・色えんぴつの家、ぐりーんぴーす工房)

参加者数175人 ご家族及び介添え91人
ボランティア79人
実行委員及び関係者34人 合計379人
協 力 多摩市民生委員協議会
多摩市スポーツ推進委員協議会
日本ボーイスカウト東京連盟多摩第3団
日本ボーイスカウト東京連盟多摩第1団
公益財団法人ガールスカウト東京第130団
多摩ボランティア・市民活動センター
男性ボランティア会議
ボランティアプロダクションいそぶえ
前岡洋子さん(司会)
横井龍史さん(パンフレットデザイン)
小林緑史さん(ポスターデザイン)

皆さまご参加、ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る