資源化センター事業

資源化センター事業

活動内容

多障協では、多障市から委託を受け市内の家庭から出された資源を再利用する為の作業が日々行われています。

多摩市立資源化センター(エコプラザ多摩)に回収された資源には『びん』『缶』『ペットボトル』『白色トレイ』 『古紙類』『古布』『剪定枝・草』があります。このうち『びん類』の選別作業が『障がい者の就労作業』として多障協に委託された事業です。

年末年始を除く、月・木・金の週3日間で行っております。

作業内容

びんの選別作業とは、回収されたびんの中から下記の作業を行います。

勤務形態

現在は市内の中から派遣された障がい者(知的・精神)が一日に4~5名と多障協の職員2~3名で作業にあたっています。

月・木・金の8時から16時30分の中で、一人ひとりの能力に合わせ出勤曜日・作業時間を設定しています。

一般企業の就労に近いレベルの高い仕事ですが皆、生き生きと楽しく働いています。

求人情報

只今募集しておりません。

ページの先頭へ戻る